第二の人生

2020.06.29 Monday

新月、夏至、日食が重なった日から、新しい仕事を始めました。

第二の人生といっても写真を撮ることを辞めるわけではなく、新月の次の日からはコロナでとまっていた写真の仕事も再開しました。

一緒に仕事をした人たちと再会できたことも本当に感慨深く、そのことについてはまた写真が形になったら書こうと思います。

 

ずっと、写真という一番やりたいことやっているから、その他のことは大変なことをしないといけないと思っているようなところがありました。

でも今年に入ったぐらいから、本当にそうなのかな?と思いはじめ。

本当は4月から新しく始めようとしていたことなのですが、私自身がいろいろ怖がりでもあり、やっぱり現状維持でもいいかな、、と心が揺らいだこともあって、そのあと結果的にコロナのことなどもあり。

 

この1週間の間にすごくたくさんの人に会いました。もう一つ、昔に戻るような形でのお仕事もスタートしそうではあったのですが、自分の中で今回はそれを選ばなくて。

今までだったら出会ったのだからやらなくてはいけない、断れないと思っていたと思うんですが、そこまで器用に全く違う世界のバランスをもうとらなくてもいいのかなって思えて。

 

新月に始めたことは何年か後を想定してのことで、夢というよりもある意味もっともこの先の現実、自分が歳をとっていくということを考えて仕事をどうしていくのか。その答えがあっているのかないのかはわかりませんが、もう舵を切ってしまったので、できるところまでやってみようと思います!

 

 

鶏のレバーのカレー

2020.06.17 Wednesday

 

 

 

ばたばたしていて、ブログにアップするのを忘れていましたが、自分のメモのためにも。

鶏のレバーのカレーを作りました。せっかくなので、スパイスを変えて2種類作ってみました。

左は大津屋のカレースパイスに夫が買ってきて1回だけ使って放置されている山椒。最後にホールのブラックペッパーを入れました。

右はいろいろパウダースパイスをブレンドして、イオンの冷凍パクチーも一緒に炒めていれました。

 

 

 

 

 

 

出来上がり。左の山椒をいれたものは馴染みのある和な感じに。右のほうはめっちゃカレーっぽくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

次の日に少し残っていたパウダースパイスをブレンドしたものと、豚ひき肉のキーマカレーを作りあいもりに。

キーマカレーはたくさん作って小分けにして冷凍しておきました。

真ん中のオレンジ色のものは、エリックサウスの稲田俊輔さんの本「南インド料理店総料理長が教える だいたい15分!本格インドカレー」の本のレシピをみて作った、大根のウールガイです。

生まれて初めてスパイスを計量しました、、最初はカイエンペッパーパウダー辛っ!!と思いましたが、書いていたとおり2〜3日後に食べてみると味が馴染んでいました。

次はカイエンペッパーパウダーを少し減らしてレモンのウールガイを作ってみたいです。

 

 

重松愛子さん 2019年沖縄

2020.06.05 Friday

 

 

ホームページのギャラリーを更新しました。去年、女優の重松愛子さんと沖縄で撮影した写真です。

 

ホームページは友人がいつも更新作業をしてくれています。友人としてはもちろん、仕事の上でもとても大切なパートナーです。

 

矢部朱希子ホームページ aramahoshi

 

 

カレー

2020.06.05 Friday

 

 

上野のアメ横の大津屋へスパイスを買いにいき、その後に御徒町のVenu's South Indian Diningでランチを食べました。

外でプロの方の作った美味しい料理を食べれることの喜びをかみしめながら、、。

Venu's South Indian Diningのランチでは、チャパティ、ナン、ドーサ、プーリー(だったっけかな?)の中から選べて、初めてドーサを食べましたが、美味しいですね!

ドーサはドーサセットみたいな本格的なものもありました。女性の二人組も後からきたカップルもみなドーサを選んでいました。

御徒町はドーサブーム?タピオカの次にくるのはドーサかな?(なわけない)

 

豆のカレーを食べていたら、2センチぐらいの丸いかわいい赤い実みたいなのが入っていて、なつめみたいな甘いものかな?と思って丸ごと口に入れたたら、けっこう辛くで汗がとまらなくなり。

食事が終わった後にお店の方に聞いたら、これ?とマスタードシードを持ってきてくださり、携帯で画像を見せてくれたりしたのですが、これじゃなくてこのぐらいの、、と伝えたら「インドのチリ!!」って厨房から持ってきて見せてくれました。

あんなまん丸なかわいい唐辛子があるんですね。かわいいですけど辛いので気をつけてくださいね。

 

ちなみに、アメ横ではいろんなところでマスク50枚入りが千円ぐらいで叩き売られていましたよ。

 

 

花束

2020.06.01 Monday

 

 

 

 

3年間、お世話になった方たちから最後にとっても素敵な花束を頂きました。

 

 

 

 

 

 

最初、普段もらうことのないピンクピンクした可愛らしい花束だなと思ったのですが(そういうのも嬉しいです)

よく見ると、大好きな芍薬に薔薇もニュアンスカラーのこういう色すごく好き!というようなもので、カーネーションもこういうバイパーっぽいのはすごく好きで、グリーンの小さな花の集まったようなものも可愛くて。

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセントになっているのは、これまた大好きなサンダーソニア!(このブログにも登場したことありましたね)どう伝えてオーダーしたんだろうか?と思うぐらい「好きな花しか入っていない」花束でした。

 

この3年間で一番大きかったことは、人を信頼して働くということでした。たまたまそういう人に一人二人出会ったというのではなくて、たくさんの方にそういう思いを持つことができ。そういう経験が他の場所や人へも繋がり。

 

もともとはこんなこと言ったらどう思われるかな?とか、伝えたいことが相手にちゃんと伝わる気がしなくて、伝えるまえに諦めることもよくあったんですけど。

まぁ、それは悲しいほどに伝わらず行き違うことが続いた経験からなんですが。

でも今は相手を信頼して、ちゃんと伝える努力を(伝え方を考えるとか)していこうと思っています。

 

 

トリアージ

2020.05.22 Friday

仕事ではないのですが、久々に文章を書きました。

コロナの感染が広がる中、ずっと考え続けていたトリアージのこと。

「たこの木通信」に投稿させてもらいました。

 

すごく重い文章だよな、、と思っていたのですが、他の人の文章を読んでいたら、そう浮いてもいないかな?というより、混ざり合って。

 

紙でなくとも読めると思いますので、もし読みたいという方がいればこちらにお問い合わせください。

ちなみに、送ったものをそのまま載せるスタイルなので、私の文章には脱字があります。(恥ずかしい、、)

 

たこの木クラブホームページ

 

 

愛のコリーダと尾久

2020.05.16 Saturday

 

 

 

ずっと、たくさんのDVDを友人に借りたまま見ていなかったのですが、このタイミングでたくさんの映画をみました。

「愛のコリーダ」今、そこまで性愛に情熱を持てない私にとってはなかなか見るのがしんどかったですが、、。

「愛のコリーダ」を見て、少しネットで調べてみたら、阿部定のこの事件はかつての尾久の待合で起きた事件だったことを知り。

 

 

 

 

 

 

東京R不動産の西尾久のプロジェクトを知って、一度西尾久に行ったことがあったのですが、近いJRの駅もないこの辺りが昔は人が歩けないほど栄えたっていうのがなんでかな?と思っていたのですが、この愛のコリーダを見たことによって知って。

かつては温泉も沸き、三業地として栄えていたのですね。

この写真は西尾久ではなく、「おぐぎんざ」から少し歩いたあたりですが。

 

 

 

 

 

 

今も、そのころの名残の料理屋さんが残っていたりするようなので(今はコロナのため休業しているようですが)また自転車に乗って、訪ねてみたいです。

 

 

Flower Nocturne 小野庄一ブログ

2020.05.02 Saturday

写真・小野庄一

 

 

小野さんの花の写真のブログもスタートしています。よかったら、見てみてくださいね。

 

Flowaer Nocturne 小野庄一ブログ

 

薔薇と芍薬と他罰感情

2020.05.02 Saturday

 

 

 

 

 

 

 

昨日はとても暑かったですね。買い物のために外に出ると、半袖の人もちらほら。

薔薇がとても綺麗に咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく閉めていた花屋さんが、ごく短い時間ですが開けることにしたというのを聞いて、夫が芍薬を買ってきてくれました。(ちょっと、奮発したそうです)

 

たまたま読んでいる本に、経済的、物質的に豊かな地域や文化圏に住んでいる人間ほど、外罰とか他罰性という感性を強く持っていると言われているというようなことが書かれていました。

 

人への他罰感情が強くなっているときは、自分の中のフラストレーションがたまっているときでもあるんじゃないかなと思います。

私自身もそういうときは要注意だな、心が疲れているんだなと少し立ち止まるようにしています。

 

 

四月のトップ写真

2020.04.22 Wednesday

 

 

小さなパンジーを可愛いと思って撮った写真。ここには、桜もシダもたくさんの生命のかたまり。