アイムヒアプロジェクト 渡辺篤 「修復のモニュメント」

2020.07.24 Friday

 

 

横浜のBankART SILKで行なわれている現代美術家の渡辺篤さんの展示、アイムヒアプロジェクト 「修復のモニュメント」を見に行ってきました。

横浜へ行くのはいつぶりでしょうか?

自分の中で、横浜は少し遠くなってしまっていたのですが、この展示は見に行かなくてはと思い。

 

 

 

 

 

 

 

スタッフの方に確認をすると、会場内の撮影可能だったので、展示風景を。

会場を入って二つのスペースがあり、片側には「被害者と加害者の振り分けを超えて」という展示。

誰もが持つ、自分自身の加害性について考えさせられる展示になっていました。

 

こちらの2枚の写真はその隣の部屋、「修復のモニュメント」での展示。

 

自分の体の一部だったり、見たくない思い出のつまったもの。それを一度壊し、一緒に修復をしてゆくという作業を通して起こるその人の中での変化。

渡辺さんにはお会いしたことはないのですが、今回渡辺さんと一緒にその作業をしていた人がたまたま知り合いでした。

先日、とても久しぶりにその方とお会いしたのですが、前に会った時と印象が違い。

これはただの想像ですし、それだけではないと思いますが、渡辺さんとの作業がその人にとっての生きることへの何か強いものになっていったのかなと、展示されていたその方の書いた言葉を読んで。

 

 

 

 

 

 

展示は今月の26日までです。

「生きる」ということにぐらついてしまう人に見てほしい展示です。

ここに自分に問い続けながら、一緒に伴走しようとしている人がいるから。

 

BankART SILK

 

 

いろいろカレー

2020.07.22 Wednesday

 

 

 

今年はカレー好きの友人と大阪にスパイスカレーツアーに行こうね!と約束していたのですが、いっこうにコロナも収まらず、今のところ行けそうにないので、想像で大阪のスパイスカレー風。

 

・ゴーヤのポリヤル

・茄子と卵のアチャール

・冷凍していた、鶏ももとししとうのカレー

・思うところがあって作ったポテサラ

・母のらっきょ

 

茄子と卵を一緒に漬けたので茄子の色素が卵に、、。卵1個ってけっこうボリュームがあるので次はうずら卵でアチャールを作ってみようかな。

 

 

 

 

 

 

・チキンコリアンダーマサラ茄子のアチャールのせ

 

どうしても食べてみたくて、エリックサウスでテイクアウトした、「チキンコリアンダーマサラ」コリアンダーだけでなくミントがきいていて、初めて食べるけれどめちゃくちゃ好きな味でした。

海老とかイカ、白身の魚もあいそう。パクチーって一束使いきれなくて、イオンの冷凍のものを買っていたけれど、これからはペーストにしてカレーに使えばいいのかも。

このソースはパンとかにあいそうだし、白ワインやスパークリングワインにもあいそう。

カレーの世界が広がっていく。

 

 

 

 

 

 

・しゃけ缶の南インド風?カレー茄子のアチャールのせ

 

安いしゃけ缶を買って作ってみました。けっこう骨が多いなと思ったのですが、食べてみたら太めの骨も柔らかく煮てありました。

初めてのタマリンドを入れて。お湯でふやかすのかなと思ってお湯を用意していたのですが、私の買ったものはすでに滑らかにペーストされたものでした。

タマリンドはそのまま食べてみるとプルーンのすっぱい感じ?よく梅を代用している人がいるのもなるほどなと思いました。

ココナッツミルクパウダーをといたものをいれましたが、もっとココナッツミルクを濃くして砂糖をいれてもよかったかも。

今回は水分少なめで夫の実家からの野菜もたっぷり入り魚キーマ風、今まで作ったことのないようなタイプのカレーでこれはこれで美味しかったです。次は生の魚を使ってもっと甘く汁っぽく作ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

・残りものと小麦粉をいれた朝カレー

 

前の日の晩御飯がパンだったため、朝起きてお腹がすきすぎて朝カレーを作りました。

前日の寝る前にちょっと違う感じのカレーを作りたいな、少し小麦粉をいれてみるかな?と思っていたので、朝起きると同時にカレーを作り始めました。

具は前に作って冷凍していたハンバーグを四等分にしてミートボール風に。夫の実家から送られてきた野菜、最後の茄子の一本を使いきりました。送ってもらった野菜を最後まで美味しく食べ切れてよかった。

今回のカレーはなぜか少し苦くなってしまいました。小麦粉の使い方なのかな?

 

 

ロケーション

2020.07.21 Tuesday

 

 

ロケハンに行ったわけではないのですが、とっても惹かれる場所に出会いました。

路地の壁とか、伸びた植物、ここでポートレイトを撮ってみたいなと思いました。

 

もし、ここでポートレイトを撮ってほしいという方がいれば、連絡くださいね。

 

aramahoshi7⭐︎hotmail.com (⭐︎を@に変えて送ってくださいね)

 

続 学校へ行きたくない君へ

2020.07.17 Friday

 

 

ポプラ社より、「続 学校へ行きたくない君へ」不登校新聞社 編が発売されました。

この本の巻末に掲載されている、タレントの北斗晶さんと不登校新聞編集長の石井志昴さんの対談の写真を撮影させて頂きました。

 

自分が生きていくのがしんどかった頃、生きるためのヒントや言葉を必死に探していたように思います。

会ったことのない誰かの言葉が支えになり救われたこともあったと思います。

 

たくさんの生きるヒントや言葉が詰まった本だと思うので、必要な人に届いてほしいです。

 

 

〇 目次

中川翔子 ちょっとの「好き」を集めて、積み重ねていく
ヨシタケシンスケ 遠回りしたからこそ、見えることがたくさんある
りゅうちぇる 自分の「色」を塗り替えてもいい 
立川志の輔 他人とちがうのは、いいこと
春名風花 いまあなたがいるそこがすべてじゃない
あずまきよひこ 無理にでも頭を突っ込んでみると、たいがいはおもしろい 
R-指定 コンプレックスをさらけ出した方が、楽しかった
谷川俊太郎 ミスフィットを活かす道はある
庵野秀明 「ここ」じゃなければ、他のところに行こう
宇多丸 自信は他人からもらおう
田房永子 自分の「心」を大切にする
大槻ケンヂ 「のほほん」と生きていきたい 
みうらじゅん 好きなことをいっぱいやろう
糸井重里 できることをひとつずつ続けていく
坂上忍 3割の共感があればいい
椎名誠 方向が決まっている人生なんて、つまらない
荻上チキ 人の役に立つことを生きる力にする
対談 北斗晶×石井志昂 人になんと言われようと、やりたいことをやってみる

 

 

豆カレーとゴーヤのポリヤル

2020.07.17 Friday

 

 

 

夫の実家からたくさん野菜が届き、その中にゴーヤもあったので、ゴーヤのポリヤル(炒めものみたいなの)と豆カレーを作りました。カレーのプロの方に豆について聞いて、今回はツール豆を使って作ってみましたが、自分史上とっても美味しくできました!ゴーヤのポリヤルに豆カレーを混ぜても美味しかったです。

 

豆カレーのレシピは伊勢丹の「FOODIE」のサイトに載っていたインド料理店「シターラ」のモハメッド・フセインさんという方のレシピを見て作ってみました。

本当は最後にギーでホールスパイスをテンパリングして入れるようでしたが、ない場合はバターでと書いてあったので、バターでスパイスをテンパリング。背徳感のあるビジュアルといい香りがしました。

今回は理想とした濃厚な感じに仕上がりましたが、次に作る時は豆をもう少し煮崩してどろっとさせてみようかな。

どろっとした豆カレーも好きなのです。

 

 

 

 

 

この器、調理をする時のスパイスを入れるのにも便利ですね。

 

 

インドの食器

2020.07.11 Saturday

 

 

インド料理屋さんでよく見かけるあの銀色の食器をついに買ってしまいました。

合羽橋の飯田屋で。ちなみに、銀座の無印(旗艦店)でもこういうインドの食器を売っていました。

 

チキンカレーにカレーリーフを初めていれてみましたが、味が複雑になっていいですね。昨日作ったココナッツパウダーを溶かしたものも入れたので濃厚なチキンカレーになりました。

こういう甘いチキンカレーも美味しいですが、ガツンとシャープなチキンカレーも作ってみたいです。

 

あ、ちなみにカレー作りは趣味なのでがんがん作りますが、ポテサラとかは面倒なので作らないですよ!

居酒屋で食べるか、スーパーで買う食べ物です。

 

 

カレーランチプレート

2020.07.10 Friday

 

 

自分用のランチに作ってみました。

鶏もも肉のひき肉でカルダモン香るココナッツキーマ、かぼちゃをココナッツファインと軽く炒め煮したトーレン、玉ねぎのアチャールと豆のスープ的なカレー。

 

先日、鶏むね肉のひき肉でカルダモンキーマを作ったのですが、その時は肉もぱさぱさでテンパリングがうまくいっていないのか、カルダモンもそんなに香らず残念な仕上がりに。今回は余っていたココナッツパウダーの使い方をネットで見て、熱湯と砂糖を入れて使ってみました。

今後、南インド料理を作っていきたいので、この方法でココナッツパウダーは使い切れそう。

 

別の日にキャベツのトーレンを作ってみたのですが、ココナッツファインの甘さと塩のしょっぱさのあまじょっぱにはまり、かぼちゃでもトーレンを作ってみました。かぼちゃとココナッツあわないわけがない!ですね。とっても美味しかったです。

玉ねぎのアチャールも初めて作りましたが、簡単ですぐにできて、もともとカレーにらっきょや福神漬けが好きなので、こういう漬物的なものはいろいろ作ってみようと思いました。

 

豆のカレー、、。食べるのは好きなのですが、まだうまくできません、、。

今回はこくを出すために仕上げにバターを入れてみたのですが、やっぱりぼやけた味に。お店で食べるととっても美味しいのに。

カレーは奥が深いですね(沼に入ってしまっている)

 

 

踊ってばかりの国「クロール」

2020.07.07 Tuesday

 

 

6月途中までの家で過ごす時間の長い中、バンド「踊ってばかりの国」の曲ばかりを聞いていました。

音楽素晴らしいですね。音楽を聞いている一瞬は、違うどこかに連れていかれて、いろんなことを忘れることができました。

歌詞の言葉も自分の中にある言葉にならなかったものに重なり。

めっちゃ、感情を揺さぶられてしまうんですよね、このバンドの曲を聞くと。

 

 

夫と晩酌、写真の話

2020.07.06 Monday

今日は珍しく、夫といつもの晩酌をしながら写真の話で盛り上がった。

お互いの写真の話ではなく(お互いが撮っているものにあまり興味がないので)過去の素晴らしい写真家へのリスペクトの話やいろいろな写真の話。

 

三河島の小さな美味しい魚屋さんで夫が買ってきてくれた、ほたての刺身や太巻き、まぐろや白身の西京漬を焼いてもらいあてに。

最近の私の日々は慣れないことに四苦八苦しているけれど(でも、ちょっと楽しい)今日はゆるんだ夜だった。

 

 

牛すじカレー

2020.07.01 Wednesday

 

 

これから、カレーの記事がちょっと多くなると思います。

自分用の記録にも。

 

一度、牛すじのカレーを作ってみたいと思っていました!

圧力鍋で牛すじを煮て、ものすごく久々にカレールーを使って赤ワインを入れて煮込んでみました。

夫から、夕飯にカレーを出すのは月に一度までと言われているのですが、これはカレーというよりは煮込み料理なんで、、と先月は夕飯に2度カレーを出しました。

私的には、ここ最近スパイスだけを使ったカレーを食べていたので、体にルーがちょっと重く感じられましたが二日目のカレーは美味しかったです。

夫も食べやすかったのか、おかわりしてくれました。