サンタと待ち合わせ

2017.12.18 Monday

 

 

特養にいる叔父へのクリスマスプレゼントを買いに、池袋の東武百貨店に行ったら、テラスにサンタさんがいました。

相席、いかがでしょうか?

 

このサンタさんを見ていたら、テレビで森三中の黒沢さんが、ディズニーランドで一方的にミッキーに話しまくると言っていたのを思い出しました。

 

 

葱油餅

2017.12.18 Monday

 

 

葱油餅、好きすぎて作ってみました。ネットを見たら簡単そうだったので。成形などはかなりざっくりに作りましたが、わりとふわっとぱりっと美味しくできました。

 

クックパッドでpegupepepeさんという方のレシピで作りました。

 

pegupepepeさんの葱油餅レシピ

 

 

台湾二日目(食べ物編)

2017.12.13 Wednesday

二日目の朝は、宿泊したゲストハウス「ムダンハウス」で前日夜市から戻ってきたら、暖かく迎えてくれた、アコさんの手作り朝食。

アコさんはチェックインの手続きをしてくれたドリスさん(オーナー?)の叔母さんとのこと。

実は、宿泊者が同じテーブルを囲んで食べるという朝食、たまには一人になりたい私としては、気を使わず一人で食べたい、、とか今回の台湾の目的は朝ごはんを食べることなのに、ここで食べてしまっては!みたいな思いもありました。

でも、アコさんの温かい人柄と、手料理を食べてみたい思いもあり、宿で朝食をとることに。

その日、私が朝食を食べた時はたまたま一人でした。(靴はあったので宿泊している人はいると思うのですが)出てきたのは、葱油餅と果物と珈琲。

葱油餅、大好きです!外で食べるともっと油ひいてぱりぱりかもですが、アコさんの作る葱油餅(葱の入ったクレープみたいなもの?)はほっとする味。なんだかわからないけれど、今回台湾に来てよかったって食べながら思ったのです。

こういう粉もんと台湾豆乳の朝ごはんを食べることが今回の目的でしたが、粉もんはこれでいいことに。

 

 

 

 

 

 

 

豆乳はチェックアウトしてから、ぶらぶらと歩いていたら野菜などを売っているローカルの市場があって、そこで見つけたところで。

漢字で豆乳の字を忘れていたので、一回通り過ぎたのですが、ふいに、これ豆乳だ!と思いだし。

 

 

ここで、台湾で飲んだ飲みものいろいろ。

 

 

 

 

セブンイレブンで気になって買った、ローズミルクティ!けっこう好きでした。このシリーズ他のものも飲んでみたいです。ちなみに、カルフールだと6元ぐらい安かったです。ボトルが可愛いので洗って日本に持って帰りました。

 

食べ物はめちゃくちゃ口にあったのですが、飲みものは、、、

 

 

 

セブンイレブンでまとめ買いしている人がいたので、台湾の人は普段どんなお茶を飲んでいるんだろう?と思って買ってみたら、砂糖たっぷりの甘い緑茶、、、ちょっとこれは無理でした。

 

 

 

 

 

カルフルールで買ったおつまみと一緒にと思ったはちみつビール。甘いお酒も好きなんですけど、ちょっと無理でした、、。

他にも、苦茶にチャレンジしたのですが、これも苦すぎて無理でした、、。

香港へ行った時に、お年寄りが立ち話をしているような漢方ドリンクスタンドで飲んだ苦めの漢方茶とか全然平気だったので、自分はけっこう大丈夫かな?と思っていたのですが、本当に苦くて無理でした!!

3分の1飲むのがやっとで、残りは上のピンクのボトルに入れておきましたが結局飲めませんでした。

 

2日目はチェエックアウトした宿から歩いて油化街へ。かなりざっくり適当に道を曲がったら、お洒落な店の通りに。店に入ってみたら日本人女性がオーナーのセレクトショップで、台湾の雑貨だけではなく沖縄のやちむんや平塚のCOOCAの商品も。

お洒落通りを通過して、漢方やお茶のお店の通りに出たのですが、あまりの物の多さと自分のような素人にはお茶も漢方もどの商品がいいのか全くわからないので疲れ果てて、ちょっとここから離れようとあてずっぽうに歩いて行ったら、こんな看板を見つけ!

 

 

 

 

 

これ、私の好きなやつだ!!と。20代の頃、新宿の「台南担仔麺」好きでした!!俄然、、元気を取り戻し。

 

 

 

 

お店は小さいけれど、ご夫婦が本当に素敵な方で。なにかとてもお洒落な方たちでもありました。

今回は直感で美味しそうな賑わいのあるお店に飛び込みました。最初は台湾人と間違われてることが多く、いろんな人から現地の言葉で話しかけられることも。

中国語で「私は日本人です」と言い続けたのですが、言葉ができるといいなと思いました。

初めて行った外国は上海ですし、こんなに中華圏の文化(料理ですが)が好きで縁があるのだし。

中国語習いたい!

 

 

 

 

 

 

この後は行ってみたかったドリンクスタンドへ。今回は、台湾のキラキラドリンクを飲むのも目的。ここのお店は商品名が「会社に行きたくないの」とか「大人になりたくないの」などのこじらせネーム系ドリンクだそうで。

健康のためにか、ミキサーにかけた果物を濾していなくて、嚥下の悪い自分はむせ込んでしまい、、若者系のドリンクもう飲めないのかも、、って思ってしまいました。

 

さっきの麺も少量だったので、この後にもう一度別の店で鶏肉飯を食べて、昼ごはん終了。

 

 

 

 

 

 

 

飛行機に乗る前に晩御飯を。(地味?)最後の晩餐は飲んでみたいと思っていたもう一つのスープ、四神湯のお店を見つけたので入ってみました。

最初は通り過ぎたのですが、美味しい賑わいを感じ戻ってきました。賑わっているお店は基本相席でしたが、ここでも向かいの同じ歳ぐらいの女性がジェスチャーでちまきにはこれを少しかけてとか、スープにはこれをと教えてくださり、親切さと美味しさに心も体も満たされました。

ここは食べている間も、ひっきりなしにスープをテイクアウトするお客さんが訪れていました。メニューが少なく、自信のあるもので勝負している感があり、スープと一緒に頼んだちまきも熱々で美味しかったです!

 

 

台湾一日目(食べ物編)

2017.12.07 Thursday

先日、1泊2日で台湾へ行って来ました!久しぶりの海外一人旅。短い時間でしたが、早朝の羽田発で次の日の深夜に羽田に戻ってきたので、いろいろ楽しむことが(食べることが)できました。

 

台湾料理、物心ついた頃から好きなのです。親戚が集まり外で食べる時は神戸の六甲道の東亜食堂などに行っていた記憶があるのですが、父がたぶん台湾料理が好きだったので家族では台湾料理に行くことも。

甲子園球場の近くの龍園(今はない?)で食べていたら阪神の選手が来て、子供心にすごく嬉しかったことも思い出します。

 

前置きが長くなっちゃいましたけれど、台湾で食べたものあれこれ。

 

 

 

 

3年前に行った時はツアーで個人で食べたりすることはあんまりできなかったのですが、観光バスの窓から街を凝視し、面白そうなドリンクスタンドがたくさんあるな〜今度はぜひ!と思っていたのです。

中国茶のミルクティとか飲んでみたかったのですが、飛行機で喉が渇きすぎて台湾に着いて最初に飲んだのは台北駅の地下街の全然お洒落じゃないドリンクスタンドで飲んだ、砂糖抜きの普通のお茶(笑)お店の若いお姉さんにおそるおそる「OK?」って聞かれちゃいましたけど、今飲みたかったのはこれです!大丈夫です。

 

 

 

 

 

地下街はカオスで、台湾の人の向けの服屋さん、日本のアニメやおもちゃ、アイドルの写真集など日本のカルチャーが集まるストリート、広場では同人誌の販売会イベント(同人誌というよりはポストカードやシールを売っている若い人が多かった)車椅子を押す外国人のヘルパーさん(たくさん見ました)そんな外国人向けの飲食街。

何十人もの視覚障害の人(盲人の按摩と日本語で書いてありました)が待機するマッサージ屋さん。

インド式やインドネシアの料理も美味しそうでしたが、せっかく台湾に来たのでと、この地下街で台湾に来て最初に口にした台湾料理、鶏肉飯。小さなお茶碗ぐらいの大きさです。

前に魯肉飯は食べたので、今回はこの鶏肉飯を食べてみたかったのです。今回は同じ料理を2回食べて食べ比べしてみたかったので、2日目にもこの鶏肉飯をもう1回食べました。

 

 

 

 

地上に出たら、クリスマスの飾りつけの用品ばかりを売っている通りに。そこで見つけたお店。神戸や横浜の中華街にありそうな、やる気があるのかないのかわからないような老舗っぽいお店。

こういうスイーツを食べるのも今回の目的。選びすぎていては食べ逃してしまいますので、入って写真を見て指差し注文。

煮た蓮の実に白木耳、甘く煮た芋にほんのり甘さ控えめなシロップ。食べていたら、ここでも不安そうにOK?と聞かれましたが、こういうのが本当に食べたかったんです!!全然、大丈夫です!

 

この後は101の側のフリーマーケットへ行こうと思って、101へ行き外に出て警察官に聞いたらわからないということで、そんなに何かが欲しかったわけでもないので予定変更して新光三越へ。台湾の工芸展なんかを見てからフードコートへ。

 

 

 

 

三越のフードコートには、行きたいと思っていた寧夏夜市の近くにある豆花荘の豆花がありました!夜に寧夏夜市に行く予定でしたが、そんなにたくさん食べられないしと思いここで豆花を。煮たピーナッツにもちもちのタピオカのゼリー、甘く煮たタロ芋!まさに自分が食べたかった豆花です。丼ぶりが大きくてボリュームありましたが、豆花もシロップもあっさりしているのでぺろっと食べられました。

朝から昼すぎのおやつまでで食べているのは、こんだけ。たくさん食べているような食べていないような。でも今食べられるのはこのぐらいの量。

ここで一度、、宿に行きチェックイン。着いたのは17時頃で少し寝てから起きたら21時。ここから夜市へ出発です。台湾の夜は長い。

今回泊まった宿「ムダンハウス」については次に書こうと思いますが、MRTの大橋頭駅という駅の近くでとても便利なところでした。

行きたかった油化街にも寧夏路夜市にも歩いて行ける距離。宿をとってから気づいたのですが。そして何よりも宿の側に延三夜市という夜市があり、そこがすごく良かったのです。

夜市と言っても屋台もありますが店舗型の店がすごく美味しそうで。

 

光瀬憲子さんの「台湾の人情食堂」

 

延三夜市 台北ナビ

 

 

 

 

 

 

 

寧夏夜市に行く途中、延三夜市で粽の屋台を見つけいてもたってもいられず。私、粽が大好きなんです!けっこうボリュームあるからお腹にたまっちゃうなと思いつつ。

 

 

 

 

 

行ってみたかった、寧夏夜市。でも私には延三夜市の方が魅力的に思えて、、、

とりあえず食べたかったタロ芋の団子を。

 

 

 

 

 

 

黄身の塩漬けの入ったものを2つ。(注文は2つからでした)この団子めちゃくちゃ美味しかったです。一つは揚げたてを。一つは部屋に戻ってから。

冷めても美味しかったですが、揚げたての方が断然美味しかったです。

 

寧夏夜市の近くを宿に向かって歩いていると、人々が吸い込まれていくお店が。なんだろうと見てみると。

 

 

 

 

 

カルフール!昔、実家の近くにあった大型フランス系のスーパー。フランス系だけあってパンが美味しかった記憶が。

店内ではずっと日本語の店内放送がかかり、お土産を買っている日本人もたくさん見かけました。

 

 

 

 

私もカルフールで値引き惣菜を購入、31元。(私が行った時は1元、3.7円ぐらいでした)宿に帰ってシャワーを浴びてからビールと一緒にと思って。台湾では女性が一人で外で飲みにくい雰囲気ですから。

 

帰りに延三夜市で何か食べようと思って、きょろきょろ。外の写真のメニューを見て、むちゃくちゃ美味しそう!と思った、蒸し鶏と麺にたれをかけたやつはその店がもう閉店ということで食べることができなかったので、別の店で台湾に行ったら飲んでみたいと思っていた「下水湯」というスープを飲んで一日目の外食は終了。

 

 

 

 

丁寧に処理した臭みのない鶏のモツや砂肝が入ったスープ。千切りの生姜と優しい醤油味で日本人も好きだと思う味で美味しかった。

温かくて滋養深いスープを飲んで、心も体もあったまり、宿に戻ってからも暖かい歓迎を受け。好きになっちゃいますよね、台湾。

 

 

酉の市

2017.11.30 Thursday

 

 

酉の市が来ると、今年もあと少しだなと感じます。今年もなんとか、三の市に滑り込む。

去年と今年は全然違う一年でした。

でも低空飛行だと思っていた去年にも、ちゃんと人に出会っていて、性格も年齢も全く違うのに友人と呼べるような人たちにも出会っていて。

後から思えばって話なんですけど。

 

 

フィルム現像

2017.11.17 Friday

先日、久々にフィルムを現像に出しました。未現像のまま眠っていたもの。

何が写っているのか、ドキドキ、、、

写真を見てみると、

 

 

 

 

 

べったら市に行ってみたらしい。

 

 

 

 

 

立石に行ったらしい。べったら市も立石も夫と一緒に行った記憶がある。いつだろうか?と思って自分のブログを検索してみたけれど、アップはしたりしていなかった。きっと、自分の中にだけ留めていることもたくさんある。

 

 

 

 

 

 

柴又にも行ってみたらしい。陽射しととらさんの横顔が相まって、センチメンタルな感じになっている。やっぱり、デジタルとフィルムって違うんだな、、。今、若い人に写るんですとかフィルム写真が流行ってるっていうけれど、空気感を共有できるのもあるのかな?言葉にならない、でも何かを感じたというあの感じ。

 

 

 

 

 

 

 

ダチュラ。別名、朝鮮あさがおを見るといつも立ち止まってしまいます。

 

 

 

 

これって、家にあるNikonのF3で撮ったのかな。今、35ミリのフィルムカメラで家にあるのはF3しかないし。

たぶんこの時、このカメラで撮ったのは初めてだと思うけれど、F3いいカメラですね(今さら、、)

まだ、35ミリのフィルムも残っているし(いつのや!?)今度、旅行に持って行ってみようかな。

 

 

 

いつしかの錦糸町

2017.11.08 Wednesday

 

 

夢のあとさき。

 

 

生きるための工夫

2017.11.04 Saturday

花風社という出版社から出ている、浅見敦子さんという方の「自閉症者の犯罪を防ぐための提言」という本を読んで、ニキリンコさんの本を読んでみたくなり、ニキさんの「俺ルール!」と「モンダイな想像力」藤家寛子さんいう方との共著「自閉っ子。こういう風にできています!」という本読んだのですが、物事をこんな風に認識していて、それゆえに困った、もしくは勘違いしていることに気づかなかったという具体的な例がたくさんあげられていて、すごく読んでいてわかりやすかったです。

正直に言うと、そうなの!?と驚くこともたくさん。もちろん自分だって何かを正しく認識しているなんて自信はありませんが。

 

例えば、今思いついたのですが、なんとなくオムライスは卵の黄色いものでご飯が包まれていて、その上にケチャップがかかっているってイメージを持っていて、あるお店で緑いろのものに包まれたオムライスが出ても、自分なら「これはオムライスではない!!」ってパニックにはならないと思うのです。あんまり。「まぁ、こんなオムライスもありなんだろうな」とスルーすると思うのですが、そのスルーことができない大変さと、そのスルーできない自分への対処の仕方。ニキさんなりの一見独自だけど、いろんな人も応用できるんじゃないかなって思いました。

 

でも、これを書きながら自分にだってオムライスならスルーできるけど、スルーできないこともあるし、たまに人の嫌な部分は見ないようにする、そうしてポジティブにキラキラ生きていく!みたいな人もいるけど、それでその人が生きやすくなるならいいと思うのですが、人って汚い部分や嫌のところもあって当然だし、むしろスルーしすぎる人へは怖いって思ってしまう自分もいて、難しいですが。

最近、こういうことをまた考えるっていうのは、座間での事件のニュースを見るたびにいろいろ思ってしまうからかな。

 

 

去年までの服

2017.10.23 Monday

寒くなって、衣替えをした時に、去年までの服に違和感を覚えました。

あれ??なんで、こんな服を着てたんだろうって。どれもこれもしっくりこないのです。

すごく気に入って買ったというより、それぞれのシチュエーションのために間に合わせで買ったような服が多く。

気に入って買ったはずの服も可愛すぎたり、、。

思い切って、そういう服をえいや!と捨てました。

とはいえ、全部捨てたら着るものがなくなってしまうので(それを全部買い直す余力はない)、一部を。

 

 

 

 

 

去年から着ていて、今年も気に入っているこの服も来年はあれれ?となるのかな。ちなみにこの服、可愛い!私には着れないけれどとよく言われます。

 

 

さよなら炭水化物

2017.10.10 Tuesday

 

 

今日は、蒲田と大森の間にある印刷所を見学させてもらって、その後に一人で蒲田の金春新館でお昼を食べた。

私が頼んだ担々麺と炒飯セットは微妙だったが、金春新館の2階の窓から明るい光が差し込み、畳の上に分厚い座布団敷いて座って自分でお茶を入れて飲みながら、20代と思われる人たちの大盛りのご飯(いわゆる、漫画もり)を隣に座っている、定年退職間近ぐらいの年齢の人たちが、羨ましいねと言っているのを聞きながら、なんだか多幸感に包まれてしまった。

1階には、セルフの杏仁豆腐やコーヒーもあったらしく、そのことを知りたかった思いも、担々麺がイマイチだったことも(しつこい)どうでもいいほど、ほわほわとした気持ちになった。

が!!自分があまりにもお腹一杯で、蒲田のレトロな喫茶店でお茶を飲むことも、その後に銀座で甘いものを食べることも(写真は蒲田ではなく銀座です)も叶わなかった。

麺類と米類。W炭水化物が大好きだった。でも、でも、これからはもうこのセットを食べるのは難しいことが今日判明した。

実は先日、インドカレーを夫と食べに行った時にも苦しかったし、(ナンと米の両方がでてきた)一昨日家でそんなにたくさん食べたつもりもないのに、次の日に胃もたれをして、胃もたれで検索し続けたし、前兆はあった。

今日はっきり自覚した。まだ食べれるのには食べれるけれど、その後のお茶もおやつも諦めることと引き換えに!

これからは選択しないといけない。麺か米か。米かナンか。パンかパスタか。デザートはつけるかつけないか。

 

 

 

 

 

 

ア・ア・ア イミティション ゴールド!!