エキセントリクス

2017.09.08 Friday

人は「私」という物語をなくしては生きられない

 

生まれてから今日までの記憶の積み重ねが「私」だとすれば

 

記憶を失った私は「私」ではなくなるのだろうか?

 

それともやはり同じ「私」を構成することになるのだろうか?

 

同じ夢を見るだろうか?

同じ石にころぶだろうか?

 

 

エキセントリクス / 吉野朔実

 

去年、漫画家の吉野朔実さんが亡くなったというのをインターネットで知り、その時に初めて吉野さんのお顔を見た。

吉野さんは吉野さんが描く漫画に出てくる女性にとても似ていた。

吉野さんについての思いをここに書こうと思いながら、あれやこれや自分の中で広がりすぎて、てんでばらばらに散らばってしまった。

最近、ようやく祖母の家から持ってきた吉野さんの漫画を再び読み始めた。

きっと10代の私が何かを感じとったであろう言葉に、こんなに長い時がたった今も、再びいろいろな思いや考えを重ねる。

 

 

明治神宮の森

2017.09.08 Friday

 

 

樹海へ行ったことをきっかけに、木や森に興味を持つようになった。あの時感じたことは樹海だったからこそのものなのか?

それとも、木などの植物自体に何かを感じているのだろうか?そんなことを思い、東京の中にある森、明治神宮へ行ってきた。

 

 

 

 

 

明治神宮の森は人の手によって作られた人工の森であるけれど、100年後に自然に還るようにとデザインされた、東京のこの場所だから生まれた森。きっと当時には予測できなかったような気象なんかもあると思うけれど、東京の温度も風も雨も晴れの日の光も、そのすべての条件の中から生まれた森なんだなと思うと、とても見たくなって。

行こうと思えばすぐに行ける場所にあったけれど今までちゃんと行ったことはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視点が変われば、世界は変わる。

 

 

秋の風

2017.08.27 Sunday

 

 

今日は晴れていたので洗濯機を3回まわして、汗の染み込んだタオルケットや布団の敷きパットを洗った。

部屋の窓からは、昨日までとは違う秋の風が吹いていた。外に出ると、たくさんの蝉が大きな声で鳴いていた。

 

 

 

 

 

スーパーの帰りに、とても儚い色の花を見つけた。ただ、そんな1日のことをここに書きたくなった。

 

 

名古屋めし

2017.08.25 Friday

 

 

次の日は、名古屋を少しうろうろ〜。夫の実家で朝ごはんは食べたけれど(ご飯のおかわりはしなかった)一日中モーニングがある喫茶店リヨンで小倉あんのプレスサンドを。

 

 

 

 

 

栄の地下鉄の改札を出たところにあった酒津屋という酒場にふらりと入り、土手煮で一杯。定食もあるのでスーツを着て定食を食べている人もいましたが、一人でお酒を飲んでいる同志が多い、居心地のよいお店でした。

最近、家でも八丁味噌で煮込みを作ったりするので、名古屋に行ったらお店で土手煮を食べてみたかったのです。

ここのお店はちょっと甘めでしたが、大きいすじ肉がごろごろ入っていました。

土手煮とビールって、最高です!

 

 

法事とやな

2017.08.24 Thursday

 

 

日曜日に法事のために、夫の実家のある岐阜へ行って来ました。夫のお母さんや叔母さんは時々東京に来るので、その時に会っていたのですが、私が岐阜へ帰るのは何年ぶり、、?

始発の新幹線に乗るために朝の4時半に家を出発。新幹線の改札が開くのって、5時半からなんですね。まだ、開いてなかった!

 

法事は夫のおばあさんの17回忌。お坊さんがお経を最後まで読む間に何度か休憩があり、その時にお坊さんとみんなにお茶とお菓子を出すのが女たちの仕事。

お互い持ち寄ったお菓子を食べるのも秘かな楽しみ。まぁ、おおっぴらに楽しんでいましたけれど。

 

法事が終わった後の夕食はみんなで「やな」へ。川の側で鮎を食べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎の塩焼きに田楽、刺身にフライの鮎尽くし。鮎好きにはたまりません!それをこんな素晴らしい景色の中で食べれるなんて。大人になった今だから、こういうことが本当に贅沢に感じます。

 

 

 

 

 

 

最後に鮎雑炊。この鮎雑炊が好きなんです。焼いた鮎を入れたさっぱりした雑炊。お店のものも美味しいですが、夫のお母さんの作る鮎雑炊も絶品です。

 

 

 

 

 

 

夫の弟さんの家族の飼っている犬、プリンちゃん。小野さんと可愛いものって普段見ない光景でなんか違和感があり、思わずツーショットを。

 

 

花火と戦争

2017.08.07 Monday

 

 

先週末、板橋の花火大会へ友人と行ってきました。友人とはもう、20年来。カレーが大好きな友達のために、レンズ豆入りのドライカレーを作り、ドライカレーを具にした春巻きを作って持っていった。

我ながら美味しくできて、友人も喜んでくれてよかった。

 

 

昨日は72年前に広島に原爆が落ちた日。お年寄りと接するようになってから、戦争というものが本当に嫌だと思うようになった。

昨日も、戦争に行った人が言った「賢い戦争なんてもんはないんだよ」という言葉がずしりと響く。

 

 

夜の向日葵

2017.08.05 Saturday

 

 

 

 

懐かしい写真

2017.08.05 Saturday

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな真夜中に、写真のデータを整理していたら、懐かしい写真が。久々にフィルムで撮りたくなってしまいます。

 

 

鯨井智充さん

2017.07.23 Sunday

 

 

ホームページのギャラリーのコーナーに、俳優の鯨井智充さんのポートレイトを追加しました。

 

aramahoshi gallery

 

 

お灸生活

2017.07.16 Sunday

 

 

最近、お灸を始めました。今まで全然、日常的に自分の体をケアすることがなくこの歳まで来てしまいましたが、少しは自分のためにも何かしたいなと思い。特に、体を痛めたとかそういうことはないのですが。

前に何度か行ったよもぎ蒸しが気持ちよかったので、同じよもぎで体を温めるお灸をしてみることにしました。

とは言っても、お灸ってどうやってやるの?と最初は不安だったので、銀座にある千年灸のお灸ルームで行われている「お灸教室」に行って、基本のキを習ってきました。

まずはお灸のもぐさ(燃やす部分)はどうやって作られるのかの勉強、自分でもすり鉢で擦ってみたり。その擦ったものを生姜を台座にして、自分でお灸をしてみたり。

教室には私と同じぐらいの女性2人ともう少し年上の女性、一人若い女性がいたのですが、お灸をしていて熱くなったら手を上げてくださいと言われて、若い女性はすぐに手を上げていました。

足が冷えている人などは熱さを感じにくかったりするようでした。あと基本のツボを教えてもらったのですが、ただただマニュアル的な感じではなく、そのすぐ側の自分自身のツボを触ってみて、がさがさする部分とか自分の体を触って感じながら決めるということを教えてもらったのはとても良かったです。

 

教室へ行った当日、お土産に頂いたお灸を調子にのって、特になんとかしたいお腹とかいろんなところに貼りまくっていたら、夜中に目が覚めて顔が熱くて寝れなくなり、、その後も3回ぐらいそういうことが続いたり(少しづつお灸をするべきなんでしょうが、過剰なタイプなので、、)そういうこともあるので、人に強くおすすめです!とは言えないのですが、顔の血色がよくなったり、今までクリームや薬を塗ってもうんともすんともいわなかった虫さされ後が薄くなったり、自分の体の巡りが少しづつよくなってきているのを感じます。

ちなみに、私が今使っているのは、千年灸のレギュラー灸「伊吹」というもので(まわしものではありません)台座つきのもので、シールを剥がして体に貼り付けるタイプです。

巣鴨のとげぬきにある、OSドラックで購入したら、別のお灸のメーカーのサンプル品をもらいました。さすが巣鴨!

今は百会(両耳の高いところから交わる点と鼻からの線が交わるところ)頭皮になるのですが、難易度の高いところにも挑戦中です。