花と生活

2019.10.24 Thursday

 

 

 

涼しくなってきたので(すっかり寒くなってきましたが)、我が家では花生活を再開しております。

この洋菊を買ってきた次の日、夫は感化されたのか、たくさんの花のついた八重咲きの百合を買ってきました。

たとえ、外で心が乾いても?家に戻って玄関を開けると、心を潤す美しいものがあるのはいいですね。

まぁ、玄関以外は散らかっていることも多いですが、、。

 

 

台湾展 黒潮でつながる隣ジマ

2019.10.19 Saturday

 

 

 

沖縄へ旅行した時に、見ることのできた沖縄博物館での展示。

「台湾展 黒潮でつながる隣ジマ」

昔から気になっていた、沖縄と台湾のつながり。その一端を知ることのできる、とても貴重な展示でした。

 

私が東京に帰る次の日からは、「沖縄のハジチ、台湾原住民のタトゥー 歴史と今」という展示も始まるみたいで凄く見たかったのですが。

私が20代の頃、知り合いの歳の近い写真家の女性が沖縄に通って、ハジチを入れている年配の方を撮影していたなと思い出したり。

たぶんハジチを入れている人はその時でもかなり高齢だったと思うので、今撮らないとと思って行動に移したんだなと。

その後、沖縄に移住したと聞いたけれど、お元気かな?

 

 

沖縄県立博物館

 

 

誠品生活 COREDO室町テラス

2019.10.19 Saturday

 

 

 

 

 

 

日本橋のCOREDO室町テラスにできた、台湾の「誠品生活」に行ってきました。平日だったのですが、すごい人!!

どちらかというと、若い人というよりは私のような年代、もう少し上の女性。若い人とは違う購買意欲のありそうな女性のお客さんが多かったです。

私は人と物の多さに圧倒されて、本を1冊だけ買って出てしまいましたが。

気がつくと、日本橋にCOREDOは5つもあるんですね。COREDOだらけ、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

本はこんな立派な紙袋に入れてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

三越の地下鉄への入り口、繁体字?

 

 

 

その日は三井住友銀行に用があり、すぐ側にあった三井住友銀行の日本橋支店にふらっと入ってみたら、なんだここは!?というような、立派な宮殿のような場所で!(中の撮影は禁止でした)

帰ってwikipediaを見ると、建物は新古典主義様式の建築で中の大理石はイタリアのベェネチア産。重要文化財の建物のようでした。

三井本館。ここが三井財閥の本拠地だったようです。それにしても、凄い建物でした。

 

 

堀口恵さんのインタビュー記事の撮影

2019.10.16 Wednesday

不登校新聞で、NGO「ピースボード」で働く不登校経験者の堀口恵さんを撮影させて頂きました。

 

苦しさの中から動きだすきっかけ、そのヒントがたくさん詰まったインタビューです。

摂取障害の経験者でもあり、「「何なら食べられるかな」ということから考えを始める」そこへ至るまでの経験や考え。

自分の中で納得して進んでいくこと。

 

ぜひ、たくさんの人に読んで頂きたいです。

 

不登校新聞

 

 

やちむん

2019.10.09 Wednesday

 

 

 

那覇の壺屋通りには、たくさんの器を扱うお店があるのに、器を買ったのは3年前に行った時に買った2つのお店でした。

この深いブルーの器は「ヤッチとムーン」若い女性の好む可愛らしい器が多い店ですがここで、はっ!とするものにまた出会えました。

もっと鮮やかなブルーの器はたくさん見たのですが、なかなかこういう色はなくて。

 

 

 

 

 

 

栄町市場で飲んでいた時に、隣の方からたくさん頂いた、シークワァーサーをのせてみました。(なんとなく)

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、「craft house sprout」で購入した器。お店のブログを読んでびっくりしたのは、私の家にあるお茶碗もマグ的なものも、この器と同じ作家さんだったのです!

それぞれ違う店で、何年もの間(10年ぐらい)いいなと思って買い求めていたのが、同じ人の器のようでした。

 

この器にどんな料理をのせようかな?

 

海でのはなし

2019.10.08 Tuesday

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女優の重松愛子さんと、一緒に沖縄を旅しながら写真を撮りました。

愛子さんが行きたいと言っていた、百名ビーチやホテルに向かうために乗っていた路線バスを乗り越してしまい、そのおかげで見ることのできた、マジックアワー。

日が沈んだ後にほんの少しの間だけ見ることのできる、このマジックアワー。(ブルーアワーとも)

いろいろな条件が重ならないと出会うことのできない、特別な光の中で撮影を。

 

重松愛子さん宣材写真

2019.10.08 Tuesday

 

 

 

 

 

 

女優の重松愛子さんの宣材写真を撮影させて頂きました。

実はこの写真は沖縄で撮影したものなのですが、沖縄の眩しいほどの強い光が白い壁や白い床にレフ板のように反射して、柔らかく広がり、奇跡的な美しい光の中撮影できたものなのです。

本人も皺を消したりなどの修正を好まない方なので、簡単な明るさ調整のみの自然なポートレイトになりました。

 

最近は、ポートレイトを撮影させて頂く機会が多く、背景や一瞬の光を見逃さないように目を凝らしています。

 

ゆりなさん

2019.10.08 Tuesday

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆりなさんを撮影させて頂きました。

ゆりなさんは詩を書いていて、彼女の描く言葉は自分の内面に奥深く潜りこみ、本当にそうなのか何度も何度も自問しながら、それにふさわしい言葉を忍耐強く選びぬいて、書かれているのではないでしょうか。

その選ばれた言葉はとても強く、私は彼女の言葉の前でしばし、動けなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩田千春 「不確かな旅」

 

 

 

ゆりなさんから、森美術館で行われている、塩田千春さんの展覧会での撮影可能エリアで撮影してほしいという希望を受け、撮影させて頂きました。

 

私にとっても今回の撮影はとても刺激的なものでした。

ゆりなさん、ありがとうございました。

 

 

台南文創園区

2019.09.30 Monday

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮魚意麺

2019.09.30 Monday

 

 

 

台南の初日の夜、宿で西瓜ジュースを飲んで寝てしまい(西瓜ジュースにアルコール+)、20時半ごろから街に出たら、けっこう店が閉まっていて!台北の感覚でいると、台南はまた違うのだなと。

うろうろしながら、居酒屋や若い人向けではない、半分屋台?みたいなお店でご飯を食べれそうなお店を見つけて。

「鮮魚意麺」あ!海鮮食べたかったと注文してみたら。

 

鮮魚は「田うなぎ」でした。実は、ツーリストインフォメーションセンターで可愛らしいイラストの冊子をもらい、「鮮魚意麺」田うなぎの意麺と書かれていて食べてみたいなと思っていたのですが、頼んだ時はすっかり忘れていて。

結果としては、食べてみたかったものを食べられてよかったのですが。

鮮魚意麺は、汁が甘酸っぱい酢豚を薄くしたようなものにとろみのかかった汁で。(店によって違うかもしれませんが)

そして、意麺は油で揚げられていて!それを煮込んでいる感じ。台南に来てから、街中でよく「鍋焼意麺」という文字をみたのですが、この鍋焼意麺は揚げた、意麺だったのか!と。

私は鮮魚意麺は積極的には食べないかもしれませんが、出されれば普通に食べるという感じですが、もしかしたら日本人には口に合わないかも?と思いました。

 

今後もいろんな食べ物にトライしてみたいと思っています!