アイムヒアプロジェクト 渡辺篤 「修復のモニュメント」

2020.07.24 Friday

 

 

横浜のBankART SILKで行なわれている現代美術家の渡辺篤さんの展示、アイムヒアプロジェクト 「修復のモニュメント」を見に行ってきました。

横浜へ行くのはいつぶりでしょうか?

自分の中で、横浜は少し遠くなってしまっていたのですが、この展示は見に行かなくてはと思い。

 

 

 

 

 

 

 

スタッフの方に確認をすると、会場内の撮影可能だったので、展示風景を。

会場を入って二つのスペースがあり、片側には「被害者と加害者の振り分けを超えて」という展示。

誰もが持つ、自分自身の加害性について考えさせられる展示になっていました。

 

こちらの2枚の写真はその隣の部屋、「修復のモニュメント」での展示。

 

自分の体の一部だったり、見たくない思い出のつまったもの。それを一度壊し、一緒に修復をしてゆくという作業を通して起こるその人の中での変化。

渡辺さんにはお会いしたことはないのですが、今回渡辺さんと一緒にその作業をしていた人がたまたま知り合いでした。

先日、とても久しぶりにその方とお会いしたのですが、前に会った時と印象が違い。

これはただの想像ですし、それだけではないと思いますが、渡辺さんとの作業がその人にとっての生きることへの何か強いものになっていったのかなと、展示されていたその方の書いた言葉を読んで。

 

 

 

 

 

 

展示は今月の26日までです。

「生きる」ということにぐらついてしまう人に見てほしい展示です。

ここに自分に問い続けながら、一緒に伴走しようとしている人がいるから。

 

BankART SILK