菜の花とチキンのスパイスカレー

2020.02.09 Sunday

 

 

先日の菜の花のパスタで使った菜の花の残りは味噌汁にしたり、鶏肉と一緒にスパイスカレーにしたり。

10代の頃から好きだったスパイス料理やスパイスカレー作りを去年ぐらいからまた復活していて。

また、のめり込んでいるのは、とても身近に素晴らしいスパイス屋さんがあったことを知ったことも大きくて。

アメ横でいつも素通りしていた、「大津屋」という小さなスパイス屋さん。

もう、ここが本当に素晴らしく。安価でスパイスがとても新鮮で。最初に買いに行ったときに、マスタードシードってこれかな?と白いマスタードシードを手にしていて。

豆カレーとかにテンパリングして入れるマスタードシードって、これでいいんでしょうか?と聞いたら、個性的なお兄さんがこっちを使われていることが多いですよと黒いマスタードシードの方を教えてくれて。(黒いマスタードシードがあることに気づいてなかった)

店頭でレンズ豆について聞いたときも、別の方が素人の素朴な疑問に的確に答えてくれて。

私は今は、コリアンダーパウダー、クミンパウダー、ターメリックぐらいのシンプルなスパイスパウダーで作るカレーが好きですが、大津屋のオリジナルのカレーパウダーもとっても美味しく、時々このカレーパウダーを使ったりも。

 

カレーばかりだと夫がかわいそうなので、夕食にカレーがでることはほとんどありませんが、自分一人の昼やお弁当など、作ったものを食べきるためにも、かなりカレー三昧です。

カレーにはにんにくや生姜も入っているし、ターメタリックも別名うこんは漢方でもありますし、カレーをよく食べているせいか、この冬はとても体調もよく過ごせています。