きのこくーちかとヤマブシタケ

2019.07.18 Thursday

 

新國みなみさんという漫画家の方の「きのこくーちか」という漫画を読み、ヤマブシタケというきのこを買ってみました。

「きのこくーちか」は、きのこアーティストのゆん太くんとワーニャさんというロシア雑貨店のバイヤーのロシア人が2人で京都の左京区でシェアして住んでいるお話なのですが、いろんなきのこが出てきて、そのきのこを使ったお料理が美味しそうでした。

 

初めて買ったヤマブシタケ。ナスと鶏肉と一緒にタイカレーにして食べてみました。

タイカレーの味が濃く、食感しかいまいちわかりませんでしたが、未知の食感?今度はもう少しわかりやすい料理で試してみようと思います、。

前日から、タイカレーは骨つきの鶏肉で作ろう!と夫と盛り上がっていて、骨つきの鶏肉とヤマブシタケは煮ると見た目が牛のホルモン(しま腸みたいな感じ?)になってしまい、すごい見た目のタイカレーになってしまったので、写真は控えておきますね。