花巡り

2019.01.31 Thursday

 

 

その後、夫と休みの合う日に一緒に、うちからも近い花きの市場へ行ってみました。スイートピーなんかは、40本だったか50本単位だったり、大好きなスガビオサがある!と思ったら25本の束だったり。

大量の花が必要ではない私たちには、「市場はハードルが高いね」ということになり。(でも、いろいろ見ることができてよかったです)

ちなみに、スカビオサの花言葉は「不幸な愛」「私はすべてを失った」だそうです、、。こんなに可愛い花なのに。

 

この日は、その後に用事があった夫と再び午後に代々木上原で落ち合い。去年から私がうわごとのように「代々木上原には素敵な花屋さんがたくさんあるらしい、、」と言っていたので、一緒に花屋さん巡りを。

実は去年、多摩からの帰りに小田急線で帰り、代々木上原で下車したのですが、なんか初めて行ったので土地勘がなかったのと、雰囲気に萎縮してしまい、10分ほどで代々木上原の地を後にしてしまったという豆腐メンタルで。

今回は、「花市場」「ムギハナ」「終日フラワー」(カフェなので、外から見ただけですが)「flower shop & laboratory UEHARA」を巡ったのですが、夫は特に「ムギハナ」の世界に「別次元だね」と感銘を受けたようで、何かスイッチが入ってしまったようでした。

「flower shop & laboratory UEHARA」では、シンプルで大きめのフラワーベースが値段も手頃でとてもよくて2つ購入しました。

「花市場」はおしゃれという感じではなく、街の花屋さんという感じなのですが、品揃えの豊富さと値段の買いやすさから、こんな花屋さんが近くにあればいいな〜と思いました。

先に買っていたポピーが全部蕾で開くかわからないということで、夫はここで再び開いたポピーと可愛らしいチューリップを二輪買っていました。ちなみに、写真に写っているピンクのラナンキュラスも夫が買ったものです。

 

最近お疲れ気味だった夫が、花と接することで潤っていくのが側から見てもわかり、夫婦会議(同じことを考えていたので10秒ほど)で外で二人で飲むのを1回減らして、これからは花を買おうということに。

スイッチの入った夫は、もっといろんな花屋さんを見てみたいということなので、しばらく花屋さん巡りは続きそうです。

 

関連する記事