台湾2日目

2018.12.07 Friday

 

 

 

 

 

 

二日目の朝は早起きをして、ホテルからも近い(はずだった)龍山寺へ。ホテルのフロントの男性に道を聞き、わかりやすい地図までもらったのに、全く逆方向へ行ってしまい。おかげで台湾総督府や重要な軍関係の施設?いろいろな古い建物を見ることができました。(外からですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い建物も好きですが、こういう植物のエネルギーが凄すぎて人の作ったものを侵食してしまうような風景にも、いつも惹かれてしまします。木の上にはリスがいました。

 

 

 

 

 

 

どこかでお見かけしたような方も。

 

 

 

 

これは何かな?と立ち止まって眺めたり。

 

 

 

 

 

龍山寺の近くの古い建物。思いっきり、老屋顔の影響を受けているので、古い建物を見ているだけでも楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶のある風景。

 

 

龍山寺が近くなると、お年寄りや野宿者のような人たちを多く見かけました。今回の旅で私の中で一番感銘を受けたのはこの龍山寺でした。

台湾の空港からホテルまでの送迎バスの中でガイドさんが、「龍山寺には朝早く行ってください、人があまりいませんから」と言っていたのですが、行ってみると、たくさんのお年寄りが一斉にお経をよんでいて。(年配の女性や尼さんの姿を多くみました)

龍山寺の建物自体が本当に素晴らしく、自分が今まで見たお寺の中で一番しっくりきて。

その中でたくさんの老女が一斉にお経をよんでいるというのに、本当に雷に打たれたのような衝撃を受けて。気が付いたら涙がとまらなくて。

私がこのお寺にこんなにも強く惹かれてしまうのは、私の名前によるところもも大きいのではないかなと思っていて。

ずっと、自分の名前。朱希子の中の「朱」色の「希」望という字がついているのがなんでなんだろうと思っていたのですが、去年たまたまお正月料理の写真が見たくて手に取った雑誌の中に、元旦の色は「朱」で「朱」は色の始まりの色だと書かれているのを読み、私の名前をつけたのは占い師で、その占い師の人にそういう知識があったのならば、元旦に生まれた私に「朱」をつけたのではないんだろうかと思い。

私の名前をつけたのは近所の占い好きの女性だと思っていたのですが、そのことについて書いたブログを読んだ父に、「ちゃんとした占いの先生や!これもちゃんとしたで!」と言われ。

名前の由来についての本当のところはわからないのですが、生活の中の基調に「朱」の色がある場所は私にとっては心が落ち着く、守られているような気持ちになる場所かもしれないと今回の旅で改めて思いました。