あしたや共働企画

2018.11.20 Tuesday

写真展でお世話になった、多摩の永山にある「あしたや共働企画」のお店へずっとお礼に伺いたいと思いつつ、こんな遅くなってしまいましたが、ようやく行くことができました。

展覧会の期間中は、ギャラリーの向かいにある、「はらっぱ」というお店で美味しい野菜を買っていました。採れたての野菜が店先に届くと、女性の人たちがわぁっと集まるので、「野菜きたかな!」と私も見にいっていました。

私の普段の生活の中ではあまり、採れたての野菜を買って食べるということがほとんどないので、写真展の間だけの贅沢でした。

今回は「はらっぱ」にも行きましたが、永山駅からちょっと歩く、諏訪団地というところにある「あしたや」という食品を扱うお店と、その近くにある「みどり」という古本と雑貨を扱うお店へ行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅からお店までの往復の道を歩きながら、いろいろなものを眺めたり。

 

 

 

「あしたや共働企画」は障害のある人もない人も「共に働く」場で、写真展のキャプションを作る時に最初、「古本と雑貨の店あしたや みどり」これでいいですか?とその場所の意味をちゃんと理解しないまま確認をしてしまい、、。そうではないと。そこから、ただのお店ではないんですとよとやりとりをさせて頂いて。

「あしたや共働企画」で働く人には重いとされている知的の障害を持つ人もいて、でも作業所的な感じでは全然なくて、本当にいろんな意味でも「共に」を目指していて。

でも、そこには本当にいろんなことがあったんだろうと思うし、今もあるのだと思うのです。それでも地域に根ざしながら進み続けること。とってもすごいなって思います。

お店は外に開かれていますので、気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

お店で買ったもの。八王子の「結の会」のバーボン入り!ブルーベリージャムとうり(30円)と台湾の林農園の烏龍茶。

バーボン入りのジャム、大人の味でとっても美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

林農園の烏龍茶も華やかという感じではないけれど、素朴で丁寧な感じですっきりして美味しかったです。

なんだか、嬉しいお買い物。

 

NPO法人あしたや共働企画のホームページ