支援のてまえで たこの木クラブと多摩の40年

2020.02.24 Monday

 

 

 

ものすごい勢いで物事が変化していく支援の現場。
発せられた言葉はあっという間に過去のものになり、日々更新されていく。
でも、だからこそ、多摩の人たちが何をしようとしてきたのかを伝えたい。
昔を懐かしむのでもなく、「いま」をそのまま切り取るのでもない、そうした記録を残したい。

【目次】


はじめに──たこの木クラブと多摩の前史  三井さよ
 1 暮らしに根差し、かかわることから始める――たこの木クラブや多摩の特徴
 2 多摩というところ――複数の事業所によるネットワーク
 3 三つの保育園と就学時健康診断反対運動

 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のこと  荒木巧也

第1章 たこの木クラブと多摩の四〇年  三井さよ
 1 多摩で育まれていた土壌
 2 子ども会活動と地域
 3 食べることと暮らしと
 4 青年たちの課題へ
 5 事業を立ち上げる
 6 制度との緊張関係
 7 引き継ぐものは何か

 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のこと  荒木巧也
 Photo たこの木キャンプ(一九九四 道志川)

第2章 支援は〈やりとり〉の連続に尽きる  岩橋誠治
 1 「関係づくり」から「支援」へ
 2 相手があっての支援・その相手とは? 
 3 支援をする側/される側――そもそも何を支援している?
 4 わからない相手との関わり
 5 関わり続けるしんどさ
 6 ともに生きるための支援 宗柔度/支援の利用はレッテル貼りではない
 7 ともに生きるための支援◆宗修燭箸─崟度の対象者」と捉えなくても
 8 ともに生きるための支援――様々な関係を築く中に
 9〈やりとり〉というコミュニケーション
 10 支援は〈やりとり〉の連続に尽きる

 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のこと  荒木巧也

第3章 子ども会から働く場へ――たこの木の三〇年、あしたやの二〇年  和田幸子
 1 たこの木ひろば開設
 2 働く場つくり準備会からたこの木企画へ
 3 はらっぱ開設――たこの木共働企画へ
 4 あしたや開設――あしたや共働企画へ
 5 共に働くって?――最初の思い
 6 制度利用――作業所の補助金から、障害者自立支援法へ
 7 線引きの問題――支援法内事業に移行して
 8 働くということ

 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のこと  荒木巧也

第4章 支援のその先へ――すいいち企画  児玉雄大
 1 すいいち企画との出会い
 2 ある日のすいいち企画から
 3 支援しない支援
 4 交戦しない反乱・ゲリラ作戦としてのすいいち企画
 5 支援のその先へ

 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のことァ 々嗅攅也
 Photo 夏合宿(一九九四 馬頭)

第5章 諦めることを諦める――たこの木クラブのスタッフとしての一〇年間 横田彰敏(聴き手+構成:三井さよ)
 1 たこの木クラブで働き始めた頃
 2 当時のたこの木クラブの印象
 3 転機になったのは?
 4 介助者たちの「温度差」
 5 横田さんの立ち位置
 6 岩橋さんはどう見えるか
 7 デタッチメント

 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のこと  荒木巧也

第6章 介助を続けていく  寺本晃久
 1 オーダーメイドで暮らしをつくる
 2 一緒にいることとその難しさ

特別付録 講演録「重度の知的障がいのある人の一人暮らしを支える」  岩橋誠治(編集・ヒビノクラシ舎)
 1 「知的当事者の一人暮らし」と「私たちの一人暮らし」
 2 重度の知的障害者が自らの暮らしをはじめられない理由
 3 重度知的当事者の自立生活支援の系譜と多摩市のたこの木クラブ
 4 「専門性」と「支援のレシピ」
 5 地域移行支援事業に関わって
 6 連続する暮らしの中で支援を連続させていく
 7 地域で暮らすということ
 8 事業所によるヘルパー派遣制度について
 9 キーパーソンを育てる
 10 おしまいに

おわりに  三井さよ

 

 

この本の表紙、中の写真を撮影させて頂いています。今回の本のために撮り下ろした永山の風景写真や、改めて必要だと思い、今まで撮っていたものに追加で撮影した写真なども掲載されています。

中の写真に関しては、過去の記録的な写真もあり、私が撮っていない写真もありますが、その写真がまたいいんですよね。

写真って、撮った時はそんなに印象に残らなくても、時がたつとまた違う意味をもったり、撮っていてよかったなと思う写真もあると思うのです。誰かが残していてくれてよかったなと思える写真たち。

 

この本がようやく形になったのが、本当に嬉しいです。メーリングリストにも参加させてもらい、書かれている方の草稿を読んでいる時から、これはとっても大切なことが書かれている大事な本になると思っていて。

地域で暮らすことが難しいと言われていた人たちが、なぜ多摩の地域で生きてゆくことができたのか。

そのために紡がれてきた人の思いや行動、活動がぎっちりとこの本にはつまっていて。

 

ぜひぜひ、この本がたくさんの人の手に届いてほしいです!

 

出版社のサイト

生活書院ホームページ

 

ビーフビンダルカレー

2020.02.24 Monday

 

 

たぶん、ポークビンダルカレーも外で食べたことないような気もするのですが、ビーフビンダルカレーを作ってみました。

前日にスーパーでカルビ肉を半額で買って。

インドで豚?牛?と思われそうですが、ゴアという土地のキリスト教徒の多い地方の料理のようです。

ネットでいろいろレシピを見て、簡単そうな作り方のもので作りました。

 

牛肉をビネガーとパウダースパイスでマリネして。玉ねぎのみじん切りとにんにく生姜を炒めたところに、このマリネした牛肉を入れてカスリメティとなどと一緒に炒めて。

カスリメリティ問題、カレーに精通した水野仁輔さんのnote「カスリメティはどうやって使うのが効果的か?問題」を読ませて頂き解決しました!

最後にぱらぱらと飾るよりも、肉なんかと一緒に油で炒めるとすごく香りもするし、なによりカレーの味が複雑になって、カスリメティっていいやん!っと初めて思えました。

すっきりと仕上げたい時は不向きかもしれませんが、こういうこってりした肉にはいいかも。

水を入れてしばらく煮込み。ふだんスパイスカレー作りではあんまり煮込まないのですが、今回は少し煮込んで、最後に塩を入れて終わり。

 

このビーフビンダルカレー、めちゃくちゃ美味しかったです!!初めて食べるような味だったのですが、ビネガーのせいか、砂糖を入れていないのにとっても甘くて。

なんで今まで、このカレーを作らなかったんだろう?というぐらい好きな味でした。

次はポークビンダルカレーも作ってみようと思います。

 

 

花ざかり レンズ比べ

2020.02.20 Thursday

 

 

 

 

 

 

自分用のメモ。カメラを買ったこともあり、レンズを整理。レンズ沼の住人ではないので、そんなにたくさんレンズを持っているわけではないのですが。

あと、ここ最近何年かかけて撮っている作品をプリントしていて、うぅ、、もうちょっと適切にレンズを使っていればと悔やまれることもあって、、。

とはいえ、私の持っているマクロレンズはとっても古いもので。上の写真はフルサイズのカメラに古いマクロレンズで撮ったもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、レンズを整理していて発掘された見たことのないマクロレンズで撮ったもの。夫が今使っているカメラには使えないけれど、売ってもお金にならないからと置いていたレンズらしく。

私の持っているものよりは全然新しいけれど、フルサイズ用のカメラにはつけられないレンズ。

同じ構図で撮っていないからわかりにくいかもしれませんし、カメラの違いもあるけれど、やっぱりそれぞれのレンズの味があるよなって。

 

 

新しいサブカメラ

2020.02.18 Tuesday

 

 

いつも仕事の撮影で使っていたサブのカメラが新しくなりました。

サブといっても、メインの機種と同じものになったので、どっちがサブかわかりませんが。古い方のカメラに、実は君には双子の弟がいて。これから二人で仲良く頑張ってくださいね(私を助けて)とお願いしておきました。

これで、ちょっと写真のクオリティもあがるはず。

 

 

チキンカレー

2020.02.18 Tuesday

 

 

冷蔵庫の中に茹で鶏があったので、さくっとチキンカレー。

カレー作りのネックになっていたのが、玉ねぎのみじん切りだったので、業務スーパーとかで冷凍のみじんぎりを買おうかなとつぶやいたら、夫が切ればいいんでしょ!とだぁーと玉ねぎをたくさんみじん切りにしてくれて。

それを小分けにして冷凍しているので、すぐにカレーができる。

基本、スパイスカレーはスパイスの風味が飛んでしまうから煮込まないので、炒め煮ぐらいで、さっとできる。

少し残していた生クリームもかけてみた。

カスリメティをのせてみたけれど、カスリメティ、ちょっと持て余している、、。

この日の自分用のお昼に作ったカレー(一食分)はとっても美味しくできました。

 

 

糸井明日香さんYahooインタビュー

2020.02.13 Thursday

校則について考えている、糸井明日香さんのインタビューを撮影させて頂きました。

 

糸井明日香さんYahooインタビュー

 

校則って、よく考えれば、おかしいことたくさんありましたよね。

それを仕方ないと思って諦める人と諦めない人。

明日香さんはちゃんと、おかしいことに対して諦めなかった人なのだと思います。

 

 

菜の花とチキンのスパイスカレー

2020.02.09 Sunday

 

 

先日の菜の花のパスタで使った菜の花の残りは味噌汁にしたり、鶏肉と一緒にスパイスカレーにしたり。

10代の頃から好きだったスパイス料理やスパイスカレー作りを去年ぐらいからまた復活していて。

また、のめり込んでいるのは、とても身近に素晴らしいスパイス屋さんがあったことを知ったことも大きくて。

アメ横でいつも素通りしていた、「大津屋」という小さなスパイス屋さん。

もう、ここが本当に素晴らしく。安価でスパイスがとても新鮮で。最初に買いに行ったときに、マスタードシードってこれかな?と白いマスタードシードを手にしていて。

豆カレーとかにテンパリングして入れるマスタードシードって、これでいいんでしょうか?と聞いたら、個性的なお兄さんがこっちを使われていることが多いですよと黒いマスタードシードの方を教えてくれて。(黒いマスタードシードがあることに気づいてなかった)

店頭でレンズ豆について聞いたときも、別の方が素人の素朴な疑問に的確に答えてくれて。

私は今は、コリアンダーパウダー、クミンパウダー、ターメリックぐらいのシンプルなスパイスパウダーで作るカレーが好きですが、大津屋のオリジナルのカレーパウダーもとっても美味しく、時々このカレーパウダーを使ったりも。

 

カレーばかりだと夫がかわいそうなので、夕食にカレーがでることはほとんどありませんが、自分一人の昼やお弁当など、作ったものを食べきるためにも、かなりカレー三昧です。

カレーにはにんにくや生姜も入っているし、ターメタリックも別名うこんは漢方でもありますし、カレーをよく食べているせいか、この冬はとても体調もよく過ごせています。

 

 

金子和弘さん

2020.02.07 Friday

 

 

知り合いの金子和弘さんが亡くなったと知らせを受け一昨日、告別式へ行ってきました。

告別式へ行って初めて、金子さんが亡くなったんだと実感がわいてきて。

(写真は生前、私のホームページなどに掲載する許可を頂いている写真です)

 

金子さんは、障害のある人が地域で生きるたの、障害者運動一筋に生きてきた人でした。

まだ制度などない時代、川崎のバスジャック、マハラバ村、いろんな場所で金子さんが経験してきたこと感じてきたことを、いつも美味しいお料理とお酒でもてなして頂きながら聞かせていただいて。今思えば本当に贅沢でかけがえのない時間でした。

 

その時代の有名な伝説のような方たちもいますが、同じ場所にいても皆同じ思いや考えでなく、その時に感じていた思い。その先に今の形の金子さんの生活があること。

自分一人で聞いているにはもったいない話すぎて、この金子さんの言葉をなんとか残したい!そんな思いに応えてくれた人もいて。

 

本当にお元気で、次の日も外出の予定があったとのことで、突然の訃報でした。

親しい方からその時の話を聞き、最後の最後まで地域で生きることにこだわり続けた金子さんらしいなと思いました。

 

本当に、金子さんに出会えてよかったです。

 

菜の花とあさりのパスタ

2020.02.04 Tuesday

 

 

菜の花が出回るこの時期になると、夫が毎年作ってくれる菜の花とあさりのパスタ。

このパスタを食べると、春はもうすぐなんだなと思います。

 

 

駒形どぜう

2020.01.31 Friday

 

 

お正月の二日は、ゆっくり休もうねと夫婦で話していたものの、二日になり、暇だね、、写真でも撮りにいこうかなと夫。私も行く!と浅草へ。

もともと好きだった浅草が引っ越してからさらに近くなり、とても身近な街へ。

 

夫から駒形どぜうに行ってみようか?と言われて行ってみたものの、すごい行列で。もう一つのどじょう屋さんにも行ってみたのですが、そこも行列で。

お正月の浅草は店もたくさん開いていて、とても賑やかですごい人でした。

けっきょく、その日は六区のバス停近く、大通りの手頃な焼肉屋さんで焼肉を食べて、そこが思いのほか美味しくてとても満足で。昼から焼肉を食べて、いい正月やなーとなりつつ、次の日からの現実的な日々の暮らしのために、向かいの西友で食料品をいろいろ買って。

 

前振りが長くなってしまいましたが、あの日行けなかった駒形どぜうに先日行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

丸のどじょうって生臭いイメージがあったのですが、下処理がきちんとされていて、とっても食べやすかったです。

 

 

 

 

 

 

 

季節限定のなまず鍋。なまずって、タイ料理屋さんぐらいでしか食べないですが、ぷるぷるして美味しいですよね!

 

 

 

 

 

 

鯉のあらい。小さい頃旅行で訪れた地方で鯉を食べた記憶がありますが、その時はこういう鯉料理は苦手だったような。

でも今、大人になって食べると美味しいですね。

 

こういう古い味のあるお店のたくさんある浅草、大好きです。